« 創価学会について | トップページ | 音声送信の反応.1 »

2011年1月11日 (火)

音声送信について

今日は音声送信について書きたいと思います。

音声送信には、1.ラジオのようにどこらから聞こえる声や音楽、2.現実に誰かが話しているような声 、の2通りがあるようです。

僕の場合、被害初期では1が主だったのですが、人海戦術が浸透してしまった今では毎日2の手法の被害を主に受けています。

以前近所でのほのめかしがひどいと記事に書きましたが、今ではあたかも後ろの家の人が僕のことを話しているような音声送信や、通行人が外から僕に対してほのめかす音声送信をやるのです。

その声は聞こえてくる方向や音量が現実と区別がつきづらいのですが、その声が聞こえた時に外に出ると誰もいなかったり、後ろの声がよく聞こえる家の端にある脱衣場に行って何も聞こえないことがよくあります。
時間帯も夜中だったり、とても違和感があります。

噂か遠隔操作により現実に言われていることは間違いないのですが、それが気になっていることをいいことに加害者も色々と手法を変えてくるようです。

以上

この犯罪が良い方向に導かれますように・・・

|

« 創価学会について | トップページ | 音声送信の反応.1 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1451981/38409423

この記事へのトラックバック一覧です: 音声送信について:

« 創価学会について | トップページ | 音声送信の反応.1 »