« 音声送信について | トップページ | 音声送信の反応.2 »

2011年1月12日 (水)

音声送信の反応.1

音声送信は被害者の広報や考えに対して不都合なことがあると反応を示すことがよくあるようです。

僕も頭の中で加害者に対して「バッキャロー」、「お前は地獄行きであの世でずっと償うんだ」等布団の中で連発していると、音声送信者が現れ「バッキャロー」等の音声送信がはじまることがありました。

その声はテレビで匿名の人がインタビューを受けているような機械でカモフラージュされた女の声で、僕は精神病者が病棟に隔離され、そこから声を発信しているのでは?と思う程感情的になっている声でした。

僕も感情的になり、自分に都合のいい思考を連発してやると、批判的になったり、同調してみたりと訳が解らない反応を示して来ます。

いずれにしても、僕が思考の中でどんな意見を言ってもこの被害暦年約半年の間に人海戦術等、悪い状況になっています。

結局は被害者の心を持ち上げたり、下げたりしているように感じます。

以上

この犯罪が良い方向に導かれますように・・・

|

« 音声送信について | トップページ | 音声送信の反応.2 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1451981/38409681

この記事へのトラックバック一覧です: 音声送信の反応.1:

« 音声送信について | トップページ | 音声送信の反応.2 »