« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

不安が脳裏に浮かぶ

僕はもともとおおざっぱな性格であまり気にしない方なのですが、この被害に遭って以来かなりの神経を使うようになってしまった気がします。

コンビニやパチンコ屋、買い物等のお店に入る前、運転時、人と話す際、何をするにも行動する前に「噂か何かで僕の事を知っているのではないか?」、「人海戦術者ではないか?」と脳裏に浮かんでしまいます。

又、人間関係についても不安がよぎったり、言葉の端々まで気になってしまうことがあります。

「前向きに行こう」、「どうにかなるさ」と今までやってきましたが、この犯罪に遭って以来頭の中で同じ自問自答を繰り返し、答え等一切出ません。

被害者がどれ程生活に支障をきたしているか知らずに第三者は面白がる始末・・・本当に許せない犯罪です。

以上

この犯罪が良い方向に導かれますように・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月30日 (日)

不審車両

以前ゾロ目ナンバーをよく目にすると書いたことがありますが、現在も相変わらずゾロ目ナンバー及び不審車両を目にします。

以前近くのアパートに止まっているゾロ目ナンバー222について書いたことがありますが、昨日はじめて駐車場に無いのを確認しました。マークして1ヶ月程経ちますがはじめてです。

最近はゾロ目ナンバーとともに普通ナンバーで僕をつけているのではないかと思う車がよく現れます。

僕がよく行く運動公園から帰ろうと思うと不審な車が何台か止まっていて、何台かで後をつけられるような感じです。

いつまでも着いてくる訳ではありませんが、明らかに僕に意識させるような走りをします。

以上

この犯罪が良い方向に導かれますように・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

証拠の無い被害ばかり

この被害に遭い半年以上経ちますが、今だに間接的な被害ばかりで直接的な被害はありません。

じわじわとゆっくり痛め付けるような、とても卑怯で残忍な犯罪です。

何故加害者は暗証番号等のプライバシー情報を知っているのに、そのような情報から加害を行わないのか不思議です。

そこから証拠や足がつくのを避ける為でしょうか?

以上

この犯罪が良い方向に導かれますように・・・


| | コメント (2) | トラックバック (0)

人海戦術者とテクノロジー加害者の繋がり

以前、近くの運動公園での運動時におかしな散歩人が現れると書きました。

その散歩人の中によく見かける中年夫婦がいて、近くを通る際は必ずほのめかしを行います。

その夫婦は見かけは普通でおかしな雰囲気を出している訳ではなく、散歩を楽しんでいるような感じです。
他におかしな人達がたくさん現れるのですが、そもそも暗くてよく見えないのに何故僕がそこで運動しているのを知っていて、僕が気づく前にほのめかしをすることができることが不思議です。

そもそも人海戦術の人達は何故僕の顔を知っているのだろうか?写真か何かがばらまかれたのだろうか?

人海戦術に現れる人達とテクノロジー犯罪の加害者が裏でどのようにつながっているのかとても気になります。

以上

この犯罪が良い方向に導かれますように・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

悟られ気分

今日は僕が前の会社を辞める間際のことを書きたいと思います。

その当時の被害はマインドコントロール、音声送信、悟られ気分等、本当にひどいものでした。

悟られ気分は正に同じ職場の人が、僕の心の声を聞いているかのような反応を示したり、普段仕事中には浮かんでこない性的なイメージばかり頭の中に現れ、それを他の人が見えているような感覚にさせられました。
また、パソコンの前に座ってもソワソワした感じになったり、思考が働かないような感覚にされたりと、マインドコントロールされている感じでした。

この犯罪を知り、会社を辞めた今となって考えると、職場の人が操られていたような感覚はありますが、加害者がいたようには考えられません。

「次の就職場所にはこないでほしい」と願っていますが、来たとしても何とか耐えながらやるしかないと思っています。もっとも耐えきれればの話しですが・・
以上

この犯罪が良い方向に導かれますように・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

親への相談

先日この被害について親に相談をしました。

頭がおかしいと思われるので、集団ストーカーについてのみの相談で、テクノロジー犯罪については話していません。

行く先々で自分の名前をフルネームで呼ばれ、「芸能人だ」、「変な人」など言われ、ビラか何かで自分のでたらめな噂が広まっていると相談しました。

創価学会の集団ストーカーについても話したのですが、話しが近所の人のことに及びと、「みんないい人だ」、「厄介な病気だな」、「たとえそうだとしても気持ちの持ちようだ」、などの答えが返ってきました。
この犯罪はまともな精神論(気持ちの問題)では解決出来ないので、僕が「言っても解ってもらえねぇから、もう言わねぇよ」と言って話しは終わりました。

結局僕の結論は、この犯罪を親が知ったところで全く解決になりませんし、心配をかけるばかりか親まで被害を受けるのは耐えられないので、言うのをやめようという答えです。

いつかこの犯罪が解決の方向に向かい世の中に理解されるまで、同じ被害者の方や良き理解者の方と頑張っていきたいと思います。

以上

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

合成夢について

他の被害者の方の被害記録にも合成夢の被害がよくあるのですが、僕も被害初期のパニック状態(この犯罪を理解できる前)の時に一度だけ送信させられたと感じたことがあります。

夢の内容は真っ暗闇の中で体も動かず、僕が一人で叫び続けていて、誰も助けに来ないという内容です。

熟睡状態ではなく、現実にそこにいるような感じで、はっと目が覚めました。

どのようにやっているのか本当に謎です。

以上

この犯罪が良い方向に導かれますように・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

筋肉の痙攣について

今日は筋肉の痙攣について書きたいと思います。

被害者さんによっては痛みや衝撃をうけている方もいるようです。

僕の場合、以前会社に勤めていてパニック状態の時(この犯罪を知る前)は主に肛門の中の痙攣や性的な音声送信を受けていました。
今現在は肛門の中の痙攣等はありませんが、体のあちこちを24時間小まめにピクピクさせられます。

痛みもないので障害にはなりませんが、この被害が頭から離れているときにピクピクさせられ、監視されていることを思い出させられる感じです。

色々な記事を見ていると脳に刺激を与え筋肉を動かしているようですが、「よくもピンポイントに刺激を与えることができるなぁ」と常識的な現代の科学と医学では検討もつきません。

以上

この犯罪が良い方向に導かれますように・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

ターゲットになる理由

僕の場合この被害を受けている理由が「創価学会と関わってしまったからか?」と憶測できます。

第三者の人はこの犯罪の話を聞いた時に「(本人に)何かあるな」と思うでしょう。おそらく僕もこの犯罪の被害者でなければそう思ってしまうかもしれません。
しかし被害者の方にはどうして自分が狙われているのか検討さへつかない人がたくさんいます。

はっきり言ってこの犯罪は無差別テロと同じです。

何も悪いことをしていない人間がここまで耐え難い苦痛を受け、人生まで操作されるなんてこんな許せない話はありません。
たとえこの犯罪の被害者に何か欠点があったとしてもです。


以上

この犯罪が良い方向に導かれますように・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月19日 (水)

映像送信について

他の被害者さんのブログを見ていると映像送信という被害があるようです。

僕は今まで映像送信は受けたことはありませんが、その映像は現実と見分けがつきづらい映像や、目を閉じていても脳に直接送られてくる映像があるとのことです。加害方法が二通りあることが音声送信と同じだと思いました。

色々な被害者さんのブログを見ていると、人によりテクノロジー被害が違うようですが、加害者側の使用している器械が違うからなのでしょうか?

どちらにしてもどこかで誰かが器械を操作していることは間違いありません。

以上

この犯罪が良い方向に導かれますように・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

人海戦術について.2

以前の記事でコンビニやお店で笑われたり、引いていたりとおかしな態度をとられると書きました。

僕はそのような店員がいない所(色々なコンビニ)で買い物をするように、ちょっと遠いコンビニに行ったりします。最初は店員の人も普通の対応をしているので「ここは大丈夫だ」と思い何回か行っているうちに、店員が急に僕を知っているような異様な対応をとることが何度かありました。

おそらくテクノロジーにより僕の行動を把握して、僕が行く所に噂か何かを流しているのだと思います。

もはや近所はほのめかしだらけで、完全に加担者となってしまいました。どういう訳で近所の人達がそうなってしまったのか訳が解りません。

以上

この犯罪が良い方向に導かれますように・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

人海戦術について.1

今日は人海戦術について書きたいと思います。

僕は夜に家から5Km程離れた総合公園(色々なグラウンドがある大きな公園)に車で行き、ランニング等軽い運動をしています。

そこにも犯しな人達が現れ、子供連れの親子や若い人が散歩をしながら近くに来るとほのめかしの会話を聞こえるようにしてきます。
明らかにランニングをしなさそうな人が走っていたり、おばさんが小さな子供2人と走りながら僕の名前を叫んだり、犬の散歩をしている人がほのめかしたりと明らかに異様です。

勿論普通の散歩人もいるのですが、ほのめかしたりおかしな動きをする人達は、変な雰囲気をぷんぷん醸し出していています。

僕は運動でストレス発散し、運動後はすっきりするのであまり差し支えはありませんが、どこから現れるのかとても不思議です。

以上

この犯罪がよい方向に導かれますように・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

犯罪解決に向けて

この犯罪を解決するには被害者の協力だけでは難しいと思います。

この犯罪を知らない方々がが、「精神病じゃないの?」、「あの人〜なんだって」など面白がったりする事なく、被害者の声に耳を傾け理解を示してくれることが重要です。

僕は今現在、近所や行く先々での人海戦術が恐ろしく酷い状況になっています。
おそらくその人達(第二の加害者)はこの犯罪を知ったとしても、僕のことを「気の毒だ」、「狙われるのが悪いんだ」、「何か本人に問題があるのだろう」、等面白がるでしょう。そこまで酷い状況です。

この犯罪を耳にした方はどうか御理解と広報の程よろしくお願いします。

被害者の活動がいつか報われると信じています。

以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

音声送信の反応.2

被害初期の話ですが、音声送信の声が僕の行動より0.5秒〜1秒程速く反応していると感じたことが2,3度ありました。

僕がご飯を食べている時に、音声送信を浴びながら僕が何も考えず食べていると、「今度左手で皿持つから」と言われた後に僕は何も考えていないのにその行動をとってしまいました。

今の僕が思うのは、被害者が行動に出る前や声に出す前に、脳から発っせられた情報を読み取っているのではないかと言うことです。
又、音声送信の反応もとても速く、声のはり具合から考えても、実際に声に出して音声送信しているようには考え難いです。僕達被害者が思考盗聴されているのと同じく、加害者も思考を口に出さずに送る手法があるようです。

思考盗聴の技術的なことについては勉強中ですが、いつか真相が明らかになることを願っています。

以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

音声送信の反応.1

音声送信は被害者の広報や考えに対して不都合なことがあると反応を示すことがよくあるようです。

僕も頭の中で加害者に対して「バッキャロー」、「お前は地獄行きであの世でずっと償うんだ」等布団の中で連発していると、音声送信者が現れ「バッキャロー」等の音声送信がはじまることがありました。

その声はテレビで匿名の人がインタビューを受けているような機械でカモフラージュされた女の声で、僕は精神病者が病棟に隔離され、そこから声を発信しているのでは?と思う程感情的になっている声でした。

僕も感情的になり、自分に都合のいい思考を連発してやると、批判的になったり、同調してみたりと訳が解らない反応を示して来ます。

いずれにしても、僕が思考の中でどんな意見を言ってもこの被害暦年約半年の間に人海戦術等、悪い状況になっています。

結局は被害者の心を持ち上げたり、下げたりしているように感じます。

以上

この犯罪が良い方向に導かれますように・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

音声送信について

今日は音声送信について書きたいと思います。

音声送信には、1.ラジオのようにどこらから聞こえる声や音楽、2.現実に誰かが話しているような声 、の2通りがあるようです。

僕の場合、被害初期では1が主だったのですが、人海戦術が浸透してしまった今では毎日2の手法の被害を主に受けています。

以前近所でのほのめかしがひどいと記事に書きましたが、今ではあたかも後ろの家の人が僕のことを話しているような音声送信や、通行人が外から僕に対してほのめかす音声送信をやるのです。

その声は聞こえてくる方向や音量が現実と区別がつきづらいのですが、その声が聞こえた時に外に出ると誰もいなかったり、後ろの声がよく聞こえる家の端にある脱衣場に行って何も聞こえないことがよくあります。
時間帯も夜中だったり、とても違和感があります。

噂か遠隔操作により現実に言われていることは間違いないのですが、それが気になっていることをいいことに加害者も色々と手法を変えてくるようです。

以上

この犯罪が良い方向に導かれますように・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

創価学会について

この犯罪をやっているのは創価学会の広宣部だと言う記事をよく目にします。
ただその活動はヴェールに包まれており、学会員でもその存在を知る人は少ないそうです。

先日この犯罪に御理解を示してくれている創価学会員の方とメールでやりとりをしました。その方は創価二世でアンチ創価の方です。

今回やりとりした学会員の方のブログでも「広宣部は聞いたことがない」、「集団ストーカーなど学会内の話でも聞いたことがない」と書いてありました。

僕も創価学会に入信し最初は活動していた訳ですが、皆さんいい人でそのような犯罪を犯すような人には見えませんでした。

噂や遠隔操作による第二の加害者は多くいますが、この犯罪を操り、裏を全て知っているのはごく一部の学会員なのだと思います。

そういった加害者が政治面でもいいように操っているのではないでしょうか。

以上

この犯罪が良い方向に導かれますように・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

思考盗聴機について

ご存知の方もいると思いますが、国内家電メーカーは思考盗聴機を秘諾に販売しているという記事を見ましたので添付します。

記事ではNEC府中工場で1台2億3千2百万円、50台1セットで法人と軍事関係のみに販売しているそうです。

IBM、東芝、三菱、NECと大手家電メーカーが内密に恐ろしい機会を造り、公にされていないという現実がとても怖いです。


http://gxc.google.com/gwt/x?q=%E6%80%9D%E8%80%83%E7%9B%97%E8%81%B4%E6%A9%9F&client=ms-nttr_docomo-jp&start=1&guid=on&hl=ja&inlang=ja&ei=_1snTYj8N4ndkgXz7NmyAg&ved=0CAQQFjAA&output=xhtml1_0&rd=1&u=http://plaza.rakuten.co.jp/kasasagi/diary/200805110004/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

異常すぎる加害者

今日はこの犯罪を行っている加害者の異常性について書きたいと思います。

この犯罪は被害から解るように、被害者が見ているもの、考えていること全てを加害者も見たり聞いたりしています。

被害者の裏の部分や、性的な部分を見てキチガイな音声送信や攻撃を加えている時点で異常ですが、その異常性は被害者を自殺に追い込み、やり方も非常に陰湿です。

遠隔操作や噂等で第二の加害者となっている人は別として、思考盗聴のオペレーターや、この犯罪の裏側を知っている加害者はとてもじゃないけどまともな暮らしをしている人間ではないと思います。というか、普通に働いたり、人と楽しく会話をしたりするような人が裏ではキチガイで、器用にこのような犯罪をしているとは考えられません。

2003年のイラク戦争でアメリカ軍が1Kmも離れた場所からモニターによりゲーム感覚で戦闘機ミサイルを一般市民に連射し問題となりましたが、テクノロジー犯罪加害者にもそのような心理状態が含まれているのでしょうか?

加害者も操られている、お金を貰ってやっている、等様々な記事を目にしますが本当に謎です。

いずれにしても加害者の精神状態は殺人犯以上のものであり、道徳心のかけらもない、まさに精神崩壊している人物だと思います。

以上

この犯罪が良い方向に導かれますように・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

被害を理解できるまで.2

被害を理解できるまでの音声送信には、少なくとも5,6人が登場していました。

暴言をはく人、なだめる人など役割が分担されていて、ボイスチェンジャーで声を変えているようにも感じました。

その中に4人程会社の人の声が含まれており、被害当初「会社の人がやっているのでは?」と思ったこともありました。

しかし今冷静になって考えると、その本人の前でもその人と同じような(口調も似ている)声が聞こえたり、5年以上付き合いがあってプライベートでも関わりがありどういう人か解っているので、そのような犯罪をやるような人ではないと判断できるのです。

当時は人間不審になって、誰のことも疑いの目で見るようになっていましたが、それが加害者の狙いだったのかもしれません。

以上

この犯罪が良い方向に導かれますように・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

被害を理解できるまで.1

僕はこの被害を理解できる迄に2,3ヶ月かかりました。

今日はその2,3ヶ月の間の心境について書いてみます。

以前のブログ記事で「最初は宇宙人に狙われたとか、超常現象かとパニック状態になった」と書きましたが、加害者はその捉え方を利用していたのです。

加害者はあたかも宇宙人であるかのような音声送信をしていました。

例えば、僕が寝ている時に「右足にもインプラントを埋め込んでやる。」と言い右足に刺激を与えたり、「お前は明日の朝になったら楽になっている。」と言い寝たら死ぬようなことを宇宙人同士で話しているように見せ掛けたり、又、声に怯えながら寝ていると大きな雷がなり、「こんなこともできる」とあたかも加害者が雷を落としたようにも言ったのです。

テクノロジー犯罪を知った今となって考えれば全てが遠隔操作によって可能であると受け止められますが、当時は常識では考えられなすぎる為、本当に宇宙人に狙われたと思い込み自殺さへ考えました。

インターネット等をあつかえなかったら今も1人で悩み、彷徨い続けていたかと思うとゾッとします。

以上

この犯罪が良い方向に導かれますように・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

思いあたるふし

僕がこの被害にあった理由を色々考えてみると、思いあたるふしがあります。

大学の時に東京にいたのですが、その時に友人の勧誘で創価学会に入りました。

地元に戻り、最初のうちは少しだけ活動に参加していたのですが、ケータイが壊れ創価の人の連絡先が解らなくなり、今は全く連絡をとらず、活動にも参加していません。小さな仏壇をもらった憶えもあるのですが、引っ越しなどもあり今はどこかにいってしまい全くの無縁となっています。

被害を受けてから創価学会がこの犯罪に関与している事を知り、軽率に入ってしまったことをとても後悔しています。

大学時代に勧誘された相手の連絡先は解るのですが、京都の人で今は連絡をとっていません。今さら退会したいとも言えないし、こちらから関わるのも恐いのでそのままにしている状況です。

しかし不思議なのは「〜が書いてんだろう(会社の人の名前)」や「〜がばらまいた」などの家の外から聞こえるほのめかしに紛れて「創価学会が犯人だ。そんな事言えんな!」とか、「創価学会」いう言葉のほのめかしを現実の声で何度か受けた事がある事です。

僕が見たものや思ったことに対するほのめかしを受けることは今となっては解っているのですが、加害者が不利になるほのめかしの内容がとても不思議です。

僕はイメージがめちゃくちゃになる程多くの噂が流されている為、真実さへあやふやにしようとそのようなほのめかしを入れたように感じられました。

軽率に創価学会と関わってしまったことを本当に後悔しています。

以上

この犯罪が良い方に導かれますように・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

ゾロ目ナンバー

今日はよく目にするゾロ目ナンバーについて書きたいと思います。

僕はドライブが好きなのでよく走っているのですが、多い時では、前を走っていたり、対向するゾロ目ナンバーの車を1日に3台見ました。

あまりにもよく目にするとので、どうしても回りの車のナンバープレートに目がいってしまいます。

一度追跡してみたことがあるのですが、2,3Km圏内をぐるぐる回って目的地もないような走りをして、小道に入っていったおかしな車がありました。

また222のゾロ目ナンバーが前を走っていたことがあり、僕がコンビニで買い物をして遠回りをして家に帰ろうとすると勢なり前に割り込んできたのがその車でした。一回目みた場所とは反対方向で時間も20分くらい経過していたので、とても異様に感じました。

その車は僕の帰る方向に前を走り、民家しかない小道に入ったので、不審に思い、次の日注意しながらその道を走っていると小道に入る前の角のアパートの駐車場に止まっていました。

僕の前を走っていた時、小道に入る必要があったのかとても不思議です。

ちなみに僕の家から2kmくらいの所で僕も毎日マークしていているのですが、いつもそこに止まっていて今のところ出掛けているときはないです。

以上

この犯罪が良い方に導かれますように・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

被害の波について

僕の場合、加害者は会社を辞めさせることが一つの目的であったと考えられます。

そう思う理由としてほぼ24時間受けていた音声送信やマインドコントロール等、テクノロジー被害の方が会社を辞めてから徐々に軽減されていき、今現在のテクノロジー被害は筋肉のピクピクや寝る時の一時的な音声送信、時たまリアルに聞こえる音声送信を受ける程度だからです。

最近は人海戦術の方がひどい状況で、人海戦術に加害が変えられたのかとも考えられますが、以前のテクノロジー被害よりよっぽどましだと思っています。

ただ監視が続いていることは間違いなく、就職したらまた被害がひどくなるのではないかと心配です。

それでもどうにか明るい未来をと願っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

行く先々や近所での異変

明けましておめでとうございます。

この被害を受けて以来、僕が行く先々(コンビニやお店、近所)で嘲り笑いをしたり、何かコソコソ言っていたり、僕だけに解ることをほのめかしたりと異様な人と会うことがとても多くなりました。

会社を辞めてからは家にいることが多いのですが、近所の人、また通りすがる学生等が必ず何か僕だけに解ることや罵声(僕が芸能人であるや、変な人である、僕の会社の人の名前や僕とのやりとりがよく登場する)等あることないことをほのめかす毎日です。

そういった人達は僕の名前(フルネームだったりあだ名だったり様々)をはっきりと言っていて、何か誹謗中傷のビラがメールか何かで配信されているか、遠隔から人々が操作されているかは今の時点でははっきり解りませんが、明らかに異様です。

決して近所付き合いが悪い訳ではなく昔から親は近所の人と交際し、今も問題なく続います。僕も顔を合わせれば普通に挨拶しますが、被害にあって以来僕がさけているのもあり、最近は顔を合わせることはありません。

ほのめかしや異様な視線についてはできるだけ無視して気にしないようにしていますが、何者かが僕のイメージをめちゃくちゃにしている事は間違いない事実だと感じています。

以上。

この犯罪が良い方向に導かれますように・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »