« 音声送信の反応.1 | トップページ | 犯罪解決に向けて »

2011年1月13日 (木)

音声送信の反応.2

被害初期の話ですが、音声送信の声が僕の行動より0.5秒〜1秒程速く反応していると感じたことが2,3度ありました。

僕がご飯を食べている時に、音声送信を浴びながら僕が何も考えず食べていると、「今度左手で皿持つから」と言われた後に僕は何も考えていないのにその行動をとってしまいました。

今の僕が思うのは、被害者が行動に出る前や声に出す前に、脳から発っせられた情報を読み取っているのではないかと言うことです。
又、音声送信の反応もとても速く、声のはり具合から考えても、実際に声に出して音声送信しているようには考え難いです。僕達被害者が思考盗聴されているのと同じく、加害者も思考を口に出さずに送る手法があるようです。

思考盗聴の技術的なことについては勉強中ですが、いつか真相が明らかになることを願っています。

以上

|

« 音声送信の反応.1 | トップページ | 犯罪解決に向けて »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1451981/38434339

この記事へのトラックバック一覧です: 音声送信の反応.2:

« 音声送信の反応.1 | トップページ | 犯罪解決に向けて »